けいおん好きなら行っておきたい聖地、今宮神社

京都の神社

現在の今宮神社がある場所には、794年の平安京へ遷都する以前から、疫神スサノオを祀る神社があったとされます。

平安京への遷都後には、疫病や災厄が流行り、疫病を鎮めるための御霊会が営まれました。

そして1001年(長保3年)にも疫病が流行したことから、疫神を祀った社に神殿・玉垣・神輿を造らせて今宮社と名付けられたというのが起源だそうです。
※「今宮」は、「新たに設ける宮」という意。

京都西陣の八百屋の娘として普通の家庭に生まれた「お玉」が、徳川幕府3代将軍家光の側室になり、5代将軍綱吉を産んだ功績により従一位(じゅいちい)となりました。

このことが「玉の輿」ということわざの由来になったそうです。

かの有名な春日局でさえ、従二位であることを考えると、相当な出世ですね。

おっと、忘れるところでした。今宮神社にお越しの際は、東門から出てすぐ、
あぶり餅を必ず食べてから帰りましょう!

あぶり餅
¥500 一皿 (お茶付)
1人前はどのくらいの大きさですか?と聞くと、「普通の丸餅1つ分です」と言われます。

なので何度も聞かないように分量を先に想像の上、ご注文ください。

かざり屋さん、一和(一文字屋和助)さん。どちらで食べてもあまり違いがわからず…。ともに美味しいのでいっか。

今宮神社へのアクセス

京都市北区紫野今宮町21
隣接されるコインパーキングは、最初の1時間100円。
以後30分ごとに100円というとてもリーズナブルな金額。

タイトルとURLをコピーしました